24時間365日受付しているダイレクト型自動車保険

最近、テレビコマーシャルやインターネット広告で、ダイレクト型自動車保険の広告を目にする機会が増えてきました。

ダイレクト型自動車保険というのは、代理店を通さずに、損害保険会社と利用者が直接契約するタイプの自動車保険のこと。

最近ダイレクト型自動車保険の広告を目にする機会が増えたのは、それだけこの自動車保険にメリットがあり注目されているからに他なりません。

では、ダイレクト型自動車保険のメリットというのは何なのでしょうか。

それは、24時間365日申込みをすることができるという点です。

代理店を使って自動車保険を申し込もうと思っても、その代理店がお休みのとき、あるいは朝早くや夜遅くでは受け付けてもらえません。

よく営業日に改めて申込みをすることとなってしまい、寝ているうちに申し込むことなど忘れている可能性もあります。その一方で、ダイレクト型自動車保険は、インターネットや電話を使って申し込むのがメインです。

インターネットや電話による申込の受付は、24時間365日受け付けている場合が多いもの。

「自動車保険を検討してみようかな」と考えたのであれば、ダイレクト型自動車保険にすぐ連絡しましょう。

すぐに資料などを送ってもらえます。自動車保険 一番お得なほけ/こむ

おまとめローンの申込方法

おまとめローンといえども、申込方法は普通のキャッシングとなんら変わりはありません。キャッシング会社にアクセスして、ローンを利用したいと告げるだけ。普通のキャッシングよりも扱う金額が些か高額なものになるため、インターネットや電話はあくまで窓口として、詳しい契約は店舗で行うことが多いようです。

必要書類は、一般的なキャッシングよりもやや多くのものが要求されます。とはいえ入手困難なものを求められるわけではなく、普通に生活していれば手にするものばかりですので、それほど重く考える必要あありません。

審査はやや厳しいものになります。当たり前のことながら、嘘偽りの無い申請をするように心がけてください。収入も他社からの借り入れ状況も、ごまかせるものではないのでありのままを告げてください。さすがに当日返答をもらえることは稀で、丁度普通の銀行のキャッシング審査結果が出るくらいの時間がかかります。余裕がないと困ることになるので、切迫した状況に陥る前に、早めに行動することをおすすめしたいです。

無事審査に受かり利用が可能となったあと、返済の方法については、もう本当にスタンダードなキャッシング利用と変わりないものになります。月々の期限を守って、誠意ある返済を心がけていくのみです。

おまとめローン利用後の返済額に注意

おまとめローンを用意しているキャッシング会社や銀行のホームページには、たいていシミュレーターが設置されています。これは現在の情報を入力することで、おまとめローンを利用後の毎月の返済額や完済までの月数を知ることができるというものです。

ここで重要なのは毎月の返済額です。おまとめローンは毎月の返済額を抑えるために利用されることが多いですが、現在の借り入れ条件によっては、おまとめローン利用後のほうが返済額が大きくなってしまうことがあるのです。

カードローンなどはたいてい残高スライド方式なので、各残高に比べて現在の返済額が既に低く抑えられている場合があります。そんなときに借り入れをまとめてしまうと、かえって返済額が大きくなってしまったりするのです。

いまの借り入れに低金利のものが混じっていない限り、金利面ではほとんどの場合でおまとめローンは有利になります。しかし、返済額だけは必ずしも有利になるとは限りません。おまとめローンを利用する前に、利用後の返済額はどれだけになるのか、必ずシミュレーターなどで確認をしておくべきです。せっかく返済に道筋をつけるつもりでおまとめローンを利用したのに、返済額が上がって支払いに困ってしまったのでは本末転倒だからです。

消費者金融でもおまとめローンは可能

総量規制があるから借りられないのではと思っている方もいるかもしれませんが、おまとめローンは消費者金融でも可能です。消費者金融の場合は借りる側に得をするような方法であれば総量規制の対象からは外れるため、おまとめローンなら沢山貸してもいいことになっています。そのため多重債務で悩んでいる場合はおまとめローンを利用してお金を借りるといいでしょう。

注意すべき点は多重債務であることです。複数の会社からお金を借りていない場合は認められませんし、証明書を提出しなければ借りていると判断されないこともあります。そのため複数の会社からお金を借りている証明を出し、確実におまとめローンが利用できるようにしてください。

また消費者金融はおまとめローンであっても金利が高めに設定されているため、利用する場合は返済金額が高くなる可能性もあります。利息を高くしてでも借りやすさを重視するなら消費者金融から借りた方がいいです。しかし低金利で借りたいと思っている場合は銀行系を利用する方が望ましく、その方が返済する金額は減らせます。大手の銀行と比べてもやや高い金利で提供している会社が多いので、借りやすいという部分に重点を置く場合に消費者金融を使うべきです。

おまとめローンの申し込みはお早めに

おまとめローンを利用するには、その他のキャッシングと同様、当然審査に通らなければいけません。おまとめローンでは1社からかなりの大金を借りることになるので、審査もそれなりに厳しくなることを覚悟しておいてください。

とはいえ、通常のキャッシングで同額を借りるのに比べれば、審査はゆるやかになっています。おまとめローンの審査で大切なのは、現在延滞をしていないことです。

なぜなら、おまとめローンは借り入れを一本化することで返済の負担を軽くするためのものです。借り入れが大きくても、現在遅れずに返済ができているなら、これからも同じように返済をしていく限り、支払い能力は足りているということになります。そのため、大金を融資してもらえるのです。

逆に延滞があるなら、いま大金を融通しても返済不可能に陥る可能性があると判断されてしまいます。そのため、おまとめローンに申し込むならば、延滞をきちんと返済してから申し込むべきです。

迷っているうちに借入額が膨らみすぎて延滞をせざるを得ない状況に陥ると、おまとめローンの審査に通らなくなるおそれがあります。よって、できるだけ早い段階でおまとめローンを利用する決心をし、申し込みを行ったほうが良いでしょう。

借り入れをまとめるときのポイント

“おまとめローンを利用する際には、借り入れをおおざっぱに全て一本化するのではなく、まとめる借り入れとそのままにしておく借り入れを選び出さなければいけません。
というのも、借り入れの中には低金利での融資が混じっている場合があるからです。銀行の融資などでは定期預金を担保にかなりの低金利で融資をしてくれるものがあります。この金利は極端に低く、たとえおまとめローンといえど、かなうものではありません。この借り入れをおまとめローンのほうに移してしまうと、金利で大きく損をすることになります。そのため、低金利の借り入れはおまとめから外すというのが鉄則になります。
おまとめローン利用するときにはもうひとつ注意したい部分があります。それはできれば100万円以上の利用にするということです。おまとめローンも通常のキャッシングも、金利が大きく引き下げられるラインが100万円です。これを超えると金利が数%下がることもあるので、できるだけ100万円以上に一本化したいものです。前述の低金利借り入れなどとも比較検討して、自分の有利な金利になるよう調整をしましょう。
これらの調整にはやはり借り換えシミュレーターが便利です。現在の借り入れとその金額、金利を書き出して色々な組み合わせを試しましょう。”